So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【いわき・内郷】常磐炭礦専用鉄道廃線遺構めぐり [旅行]


昨秋のことなのでもう5か月も前になりますが、元職場の入社同期会というイベ

ントに参加しまして、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(旧、常磐ハワ

イアンセンター)に宿泊してまいりました。

一泊2日のいわゆる飲み会&ハワイアンダンス見物で、翌日はゴルフ組か観光

組にバラけたのですが、ワタシはそのどちらにも属さず単独行動を試みました。

「いわき」と言えばソネブロ・オフ会仲間の「きよたん」さんのふるさと、なの

できよたんさんにおすすめ先をおたずねしたのです。

するとワタシの琴線に触れる<廃線・トンネル・赤レンガ>を兼ね備えたスポット

をご教示いただきました。


〔常磐炭礦専用鉄道入山線沿線〕

きよたんさんから送ってもらった資料によると<白水町入山>に『赤レンガの

トンネル』が現存するそうです。

ハワイアンズから向かうには電車やバスでは不可能ですがタクシーなら10分~

15分ほどの位置とのことなのでタクシーを呼んでもらいました。

やってきた運転手は地元のベテランさん、なのでさっそく行先を告げたら不思議

な顔をされましたが土地勘を持っておられるので自信に満ちて向かっていただけ

ました。

ワタシも資料とにらめっこしながら注意深く車窓を観察しておりましたが、どうも

目指す先が見当たらない。

一本道上なので見逃すはずがない、と思いつつも運転手殿もどうやら行きすぎた

ようだ、と告げられてきたので下ろしてもらい来た道を徒歩で戻って探すことと

しました。

人のよさげないなかのおじちゃん然とした運転手殿はお客を目的地に運んでやれ

なかった後味の悪さゆえ申し訳なさそうにされていたので却ってこちらが恐縮して

しまいました。

この日は初秋とは言え真夏に近い暑さだったので5分も歩けば汗がしたたり落ち

てきたのですがちょうどそれくらいが経過したとき、先ほどのタクシーがまた戻っ

てきて「お客さん、お客さんの目指すスポットを見つけました!そこまでご案内

しますからどうぞお乗りください」と言ってドアを開けてくれるではないですか!!

いやはやなんとも親切な運転手さんに巡りあえて幸せでした。


C9B50449-3AD3-4DA6-B5A1-5ED225E75684.jpeg


なるほど、これではたとえ徒歩でも通り過ぎてしまうくらい地味な存在です。

運転手さんよくぞ発見してくれました、ありがとうございます。


AEA4F6CD-4398-4E17-A30B-E2CEC7B9F7D8.jpeg


雑草をかき分けて入口まで進むと特に立入り禁止の表示が無かったので

中に進入してみました。出口の明かりも比較的近くに見えたのでそのまま

歩き進みます。


0BED8D36-920B-43F5-BDB3-FFC6392FA465.jpeg


150mくらいでしょうか。出口に出てきました。反対側からも撮ってみました。

ちょっと残念だったのは赤レンガの部分が薄汚れた白色に変色していたので

自称赤レンガフェチとしてはあまり萌えられなかったことです。


A4EB8885-3E78-4DD2-8C90-414C9A1ABCC3.jpeg


次の目指す先は〔みろく沢炭鉱資料館〕ですが、その途中に廃墟と化した建物

群が・・明らかに炭鉱住宅ですね。


962307D8-D10B-4A78-924A-DAAEB0ADE310.jpeg


さらに進むと、小さな鳥居がありその奥の社を見守る怖そうな狛犬(おおかみ

みたいです)に出会いました。


AE6470B7-42C3-46E8-A547-8239E9111510.jpeg


廃線跡の道路からかなり坂道を登ったドン突きに〔みろく沢炭鉱資料館〕が

現れました。

入場無料で手軽ですがお客はワタシひとりのみ。


CCDB7C1B-BBD5-4CDF-98E3-4C7F34AA9D33.jpeg


1966年開場をうたったポスター、ということは54年以上も前なのですね。

その割にはあまり朽ちた感じがしませんでした。


49E2C719-BC2E-4A3C-B578-E9B5C918B0E3.jpeg


炭鉱夫がまとったはんてん(?)廃線駅の駅名プレート(?)それにお釜(?)


BADDCCAE-175B-41B9-939F-280E4712E91B.jpeg


『デンワ』は卓上型ではないことから察すると戦前のものか?

その他鉱内作業用グッズが多々。


E10A056F-78EE-42CF-8E10-EB51F8E9B3EB.jpeg


鉱内から石炭を積み出すトロッコ列車。レールと一緒に保存。


D209ACD9-73F1-4A4E-BF43-0B88A21BDFBC.jpeg


〔炭鉱資料館〕を後にして先に進むとこのように炭坑跡が見受けられます。


0A83D155-91F8-4689-8366-E809A0E78C78.jpeg


福島県唯一の国宝〔白水阿弥陀堂〕です。なんでも東北に3つしか存在しない

うちのひとつだそうです。

さすがにここは観光バスが乗りつけてきて観光客も大勢訪れていました。

(お客の切れ目を狙って苦労して撮影したものです苦笑)

シンプルな佇まいで屋根の角度が美しいのはもちろん国宝ものですが、この日は

見事なまでの快晴で青空とのコントラストもとても鮮やかでした。


以上で目指したスポットをひととおり踏破してJR内郷駅に着きました。

このままハワイアンズに戻り帰りのバスに乗るにはまだ時間がそれなりに余って

いたのでもうひとつのスポット〔好間炭礦専用鉄道沿線〕の赤レンガトンネルと

赤レンガ橋台を目指すこととしました。


ACFA8542-4F27-485E-877D-14692FBA1310.jpeg


先ほどの入山線沿線の赤レンガ発見も苦労したものの偶然タクシーの運転手

さんに見つけてもらいラッキーでしたが、こちらは単独でチャレンジしている

のでさらに難局です、たどり着けなかったら諦めるつもりで向かいます。

と、30分ほど歩いてそろそろこの辺ではないか、と勘を働かせながら進むと

不自然に盛り土した上を通る細い道を発見。これは廃線跡に間違いないと決め

つけそこを曲がり歩き進むこととします。


5199B401-95DA-4609-912C-3740D1861066.jpeg


すると舗装道が切れて竹藪が茂った先を進んで行った結果目指すスポットに遭遇。

よくぞ出会えてくれた、と小さな感動が走りました。


FE483766-AE60-494D-99A2-B909F33556DC.jpeg


壁面の赤レンガは先ほどの入山トンネルよりもかなり迫力があり赤レンガフェチ

としては大喜びです。


B24268CA-A527-4AD0-8376-84961998228B.jpeg


残念ながら入口に柵が張られているのでコンプライアンスを遵守して戻る

こととします。


142BB290-0AA2-484A-98E5-60C46B9BF6AF.jpeg


もうひとつの目指すスポット〔赤レンガ橋台〕は赤レンガトンネルから程なく

戻った先で発見しました。(往路では気が付かなかったです)


C8714770-961D-4B41-966E-A08813EEB625.jpeg


小川をはさんで両側に赤レンガの壁、こちらはトンネルの内壁のように白く

汚れておらず美しく感じます。赤レンガ萌え萌え~~

E279F89D-A6FA-48B8-8293-16E5B9C83AC0.jpeg


橋台の先はこのように明らかな廃線跡、往路でこの道を発見していれば

たやすかったのですね。


D41F5E7E-08CB-44E2-86D1-7DD7D73822F5.jpeg


往路では斜めに見えている舗装道を左から右へとそのまま通り過ぎたのでした。

注意深く観察していればこの未舗装の空間はいかにも廃線跡です。


ということで宝探しのような旅を十分満喫して終えることができました。

きよたんさん、とても素敵なスポットをご紹介くださいましてまことに

ありがとうございました。

(またアップがこんなにも遅くなりましたことお詫び申し上げます)


nice!(42)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた<泉麻人>新刊本 [本]

NHK大河ドラマ『いだてん』は1964東京オリンピックを迎えたストーリーにて最

終回となり先達て幕を閉じました。

その最終回はドキュメントの映像も含まれており、当時5歳児だったワタシの記憶の

片隅に残っているシーンがたびたび登場したので、とても懐かしさを感じて見入って

しまいました。

そして来年はいよいよ56年ぶりに東京でオリンピックが開催されます。

11月2日にラグビーワールドカップが終了しましたが、ワンチームとして大活躍

した日本がオリンピックで再び好成績を収められるかこれからますます注目度が

増してゆくことでしょう。

そんな中、サブカルチャーに造詣の深いコラムニスト・泉麻人氏がワールドカップ

終了直後かつ『いだてん』の最終回が放映される前であり、そして翌年が東京オリン

ピック開催という絶妙のタイミングとなる12月5日に新刊本≪1964 前の東京

オリンピックのころを回想してみた≫を発刊しました。


51fjLV+YfdL._SX340_BO1,204,203,200_[1].jpg



≪著者:泉 麻人   発行所:株式会社  三賢社≫


さらには発刊に際して氏の講演会が高田馬場・芳林堂書店にて行われるという情報

を入手したのでもちろん参加してきました。


3FA60AD3-E0BB-4533-92D6-0149C8B7337D.jpeg


講演はご覧のようにパネルでお宝写真を紹介されながら本のメインテーマである
1964年前後の大衆文化について解説を繰り広げる、と言う内容です。
氏が1956年生ゆえ東京オリンピック開催時は小学2年生というわけですが、
相変わらずよくもそこまでこまごましたことを覚えておられるなあ、とつくづく
感心しましたね、しかも小学2年でありながらその観察眼はすでにサブカルに長けて
いたという点が驚異的だと思うのです。
いくつか紹介すると、
たとえば<アメリカシロヒトリ>という蛾の流行について(P156~)
最近あまり耳にしなくなった<アメリカシロヒトリ>ですが、あのころ桜の木に寄生
する害虫ということでかなり衝撃的に話題とされていたので未就学の幼児だったワタ
シですら認識しておりました。
オリンピックのために海外から訪れる観光客対策なのでしょうかね、東京の街中で
害虫駆除のためリヤカーのような車両に薬品を散布する機械を積んで公園など樹木が
生えている場所を作業員が巡り、甲高いモーター音をうならせながら白い煙を噴き出
して薬をまき散らす光景がついこの間の出来事のように思い起こされたのです。
平成生まれのボクやアタシには都心でそんな作業をしていたとは想像すら及ばない
ことでしょうねえ。
実は泉氏が当時住まわれていた家が新宿区でありワタシの実家の至近距離なのです。
ですから氏が本の中で説明している描写がそのままワタシの脳裏に映像として復活
したようなものでした。
ガキの頃から放浪癖があったワタシはその散布車がどこへ向かうのだろうかと好奇心
の固まりとなってくっついて行った記憶が鮮明に残っているもので。
   それから「放射能の雨にあたると頭がハゲる」という噂(P213~)
記憶が蘇りました、道路に油がしみ込んで部分的に不気味に青く輝いてる水たまりを
発見して「あ、放射能の雨だ!」と大騒ぎしたものです。
しかしこれ、ワタシ自身の年表だと小学校1年のころだったかと記憶しているので
泉氏から遅れること2年ですね。
ちなみにその根拠が東京オリンピック開催中の中国における核実験から来ていたのだ、
とは本書で初めて知り非常に感慨深いものがあります。
また、この言い伝えは東京の新宿区地域だけなのかそれとも関東エリア、もしくは
全国的に語られていたものなのか俄然興味が湧いてきたのでそのあたりの状況をぜひ
とも調査したくなりました。(全国のブロガーのみなさん、情報をお寄せください)
DEAAD404-CDE6-4B9B-A4F5-5277BF0B0DD2.jpeg
さて泉氏が広げているのは五輪のマークと日の丸を象った風呂敷。
当時通われていた『落合第一小学校』体育館の倉庫の隅に仕舞われていたもの
をオリンピック何年後かの大掃除で発見されたときに譲り受けたとか・・
物持ちの良さには舌を巻いてしまいました。
講演後には(恒例の)サイン会を設けてくださいましたので講演直前に購入した
新刊本にサインを戴いたのは言うまでもありません、ミーハーですからw
ついでに前回購入の<僕とニュー・ミュージックの時代>も持参してたのでそちら
にもサインをおねだりしたら快く応じてくれました。ありがとうございました。
  それにしても街の本屋さんが激減する中、芳林堂はこういった著者の講演を
積極的に企画・実演されいてる取組には実に感心します。
僭越にもㇷと閃いたのですがワタシが今春やはりここ芳林堂ホールでの講演に
参加したマニアック作家<本橋信宏>氏とサブカルチャーを題材とした同学年
早慶(お二方とも1956年生れで本橋氏の出身がワセダ、泉氏がKOです)対決
をここ芳林堂ホールで実演していただけないか、などと妄想を抱いております。
さらに閃いたのが彼らの一学年下ですがやはり地元高田馬場出身で東大卒のサブ
カルチャニスト・森永卓郎氏にジャッジを仰いでもらうという企画、
いかがでしょう。

nice!(47)  コメント(41) 
共通テーマ:

流行語大賞『ONETEAM』と<チェスター・ウィリアムズ>のビール [ニュース]

(下書きの段階でアップしてしまい、一部の方にお見苦しい点をさらしまして大変

 失礼いたしました、また申し訳ありませんでした。)


今年の流行語大賞が発表されました。

大方の予想通り『ONE TEAM』が受賞となりました。

ノミネート30語のうち『にわかファン』『4年に一度じゃない。一生に一度だ』

『笑わない男』とラグビーワールドカップ関連が計4語エントリーされたことを

振り返ってもいかにワールドカップがブームを巻き起こしたかがうかがえます。

(笑わない男の)稲垣選手に『ONE TEAM』が大賞に選ばれたことをイン

タビューすると「ワンチームってよく言われますが、僕らは4年をかけて、チー

ムとしての文化を創り上げてきたわけです。その文化がワンチームなんです・・」

との答えが返ってきます。

また堀江選手も「ワンチームという言葉だけでワンチームになる、ということは

絶対にない」と発言しています。

彼らジャパンで活躍した当事者たちからの発言が示しているのは『ONE TE

AM』の真の意味は決して監督やヘッドコーチが掲げるトップダウンではなく選手

たちから声掛けして出来上がっていったボトムアップだということです。

流行に乗って、会社の上司が部下たちに「ワンチームでこのプロジェクトを成功

させてくれ」というような使われ方は典型的な誤用です。


それから堀江選手は「ラグビーをやっている人たちはみんなワンチームという

言葉は使ってきたと思います・・」とも述べています。


時は遡って今から24年前の1995年に第3回ラグビーワールドカップが南アフリカ

で開催されました。

この開催地の決定はラグビー界ばかりか世界においても画期的な出来事でした。

その1年前にかの有名な<ネルソン・マンデラ>大統領が誕生しアパルトヘイトが

撤廃されたことによりそれまで真の王者と言われてきつつもラグビーワールドカッ

プへの参加が認められていなかった南アフリカが加わることとなったのです。

そしてそのときのチームスローガンがなんと『ワンチーム・ワンカントリー』です。

分かりやすく言えば白人もカラード(非白人)もみんなひとつのチームとなって

戦い、ひとつの国となって応援しよう、ということなのです。

当時南アフリカのナショナルチーム=スプリングボクスの選手は殆ど白人で固めら

れていましたがその中で唯一人カラード(非白人)の選手が活躍していました。

その人こそ伝説のプレーヤー<チェスター・ウイリアムズ>氏です。


訃報 2019年9月6日 チェスター・ウィリアムズ氏 逝去 享年49歳 心臓発作


なんとも悲しいことにワールドカップ開催の2週間前にこの世を去ってしまいました。


さて、先日ラグビーウォッチャー仲間と横浜にあるラグビーダイニングバーで出会った

クラフトビールです。


82114775-DF5D-4759-B6BF-009A2EE87F81.jpeg


<チェスターズ IPA>

チェスター・ウィリアムズさんの名を冠したビールに出会いました!

なんでもこちらのお店のオーナーさんの働きかけがきっかけで、チェスターさん

自らが材料の選定や味のプロセスにも関わりかつ日本へ出荷するときもビールの

ケースをコンテナに積み込んだそうです。

しかもここのバーでチェスターさんがトークライブを行う予定だったとか・・・


味の方は苦甘くて濃厚な味わい、ワタシ好みの味覚でした。アルコール度数は

7°と濃いめです。


D4FE8943-95EB-47BE-A610-1A55AFC65EC6.jpeg


メニューに目をやるとワールドカップ出場国のビールがずらり。

次回訪れたときの愉しみとしてとっておくことにしました。


064967FA-89B7-40AA-98F5-A30235FB22BA.jpeg


チェスター・ウィリアムズ氏のTシャツなどのグッズも揃っている

ようで、こちらも次回のお楽しみにしようかな、と。


ということで、流行語大賞の『ONE TEAM』フレーズつながりで故チェス

ター・ウィリアムズ氏をしのんで献杯し、いっぽう改めて南アフリカの優勝を祝

う乾杯を行いワールドカップロスをかみしめているのでありました・・・









nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:ニュース

【ラグビーワールドカップ】9月25日釜石での試合観戦記録 [スポーツ(ラグビー)]

標題のとおり2ヶ月も前の事柄であり完全に賞味期限切れですが個人的な記録として

あえてここにアップすることをご了承ください。

(当初は直後にアップするつもりでいましたが、日本がアイルランドに勝利すると

 いう番狂わせをやってのけたために拙ブログでも予定を変更して奇跡の勝利を

 取り上げたことで本記事をタイムリーにアップする機会を逸してしまったという

 わけです。)



9月25日 釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム14:15キックオフ

フィジー27VSウルグアイ30



思えば4年前、津波の爪痕がまだまだ生々しく残っていた当地を訪れたことが切っ掛け

でした。

更地でしかないこの場所で4年後にラグビーワールドカップが行われるという考えられ

ないような事実を想像したら、是が非でもここで行われるワールドカップの試合をこの

目で見てみたいという気持ちが強く働き、開催の1年半前にはチケットを抑えることが

できたので、今回4年越しの夢が晴れて実現したものです。


0C19C706-B56A-42ED-AE51-F647B3173040.jpeg


スタジアム下車駅の<鵜住居>駅からスタジアムへ向かう観衆。


ワタシにとってこの地は子どもたちにとってディズニーランドがファンタジー

ワールドであるのと同様にファンタジーラグビーランドに踏み入れたような

心持ちに浸ってしまいました。

見上げれば見事なまでの青空にちょこんと白い雲が浮かぶ。

バックには緑のこんもりとした森に囲まれた山々が壁となって建立。

そしてその手前に堂々と構えている施設がこの地の人々の震災からの復旧・復興

への希望を載せ、世界からやって来る観衆を迎い入れるピカピカのスタジアム。


D9E21FF9-B26F-41C9-ACF5-681D2FA05817.jpeg


そんなおとぎの世界に踏み入れたような気分に酔いしれながらスタジアムに向か

って歩いていたら、昔はおとめだった天使がワタシに近づいてきて手作りのポケ

ットティッシュカバーをプレゼントしてくれました。(自宅に帰ってから撮影し

たものです)


B4DD1203-52B6-4A05-B1B9-B3E1DA91BA1B.jpeg


中を開けるとティッシュにこんなメッセージが挟まれおり、読みだして思わ

ず目頭が熱くなり字がかすんでしまったので手で拭って読み終えました。

それにしても唐草模様のティッシュカバーなんぞ世界でここでしか存在しない

貴重品でしょう、とても愛くるしい逸品です。


392A41F7-B5FA-4A56-BB64-BEB9246BB045.jpeg


ハイブリッド芝のグランド、このファンタスティックなグランドでこのあと

どんなフィジアン・マジックが展開されるのかとハイネケンビールを飲み

ながら期待に胸を膨らませていました。

と、隣でやはりビールを嗜むお方と言葉を交わしてみたらなんとワタシの

中学校後輩である人物の親友であることが判明し一気に盛り上がりましたね。


C4F436B3-3BD9-4F21-94B0-547F2EDBAF34.jpeg


開幕戦では曇天のため音だけしか楽しめなかったブルーインパルス飛行を

存分に堪能しました、これでもう思い残すことはない・・(いえいえ)


BFF95DD6-4548-4598-AF47-859EEE959DC1.jpeg


両チーム選手入場。観客席も埋まってきました。この中には秋篠宮ご夫妻も

観戦されているはずです。


94A850FA-D840-49BB-AD70-6D068AF52DCB.jpeg


キックオフ前の儀式、フィージーのチームによるウォークライ『シビ(Cibi)』

を披露。ウオークライはニュージーランドのハカがあまりにも有名ですが、

サモアやトンガでも伝統の儀式を有しています。

シビはハカに比べシンプルで分かりやすい中にも力強さがありこれはこれでまた

魅力的です。


さて試合の結果は冒頭記載の通りですが、ランキング19位のウルグアイがランキ

ング10位のフィジーを破るという(小さな)番狂わせを起こしたとてもスリリング

で感動的な内容でした。

そう、(小さな)と記したのはこの試合の3日後にジャパンが大きな番狂わせを

演じたので本試合のアップセットがかすんでしまったのです。

しかしこの時点ではラグビーファンタジーワールドで起きたファンタスティック

な試合展開と結果に存分に酔いしれたものです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さてさてここから先は鉄っちゃんの端くれでもあるワタシが久々の鉄ネタを少しだけ

織り交ぜた釜石までの道中記です、おつきあい頂けましたら幸いです。


岩手県の釜石市は東京から(に限らずですが)訪れるにはかなりアクセスが厳しい場所

に位置しています。

しかも小さな町に1万数千人が世界から訪れるということはハプニングやトラブルの発生

によりスタジアムへの入場が遅延する可能性が低くないだろうと考え、であれば前泊

して余裕を持って当日会場入りすることが安全なわけですが、宿泊施設は当然満杯で、

訪れる数日前に調べてみたら一泊5万円となっていましたw

小市民のワタシには手が出ない価格。

そこで一計を案じて夜行バスの状況を調べたところ案外たやすく予約ができたのです。

ということで前の晩に池袋から釜石を目指す高速バスに乗り込みました。

単身赴任時代によく利用した夜行バスですが今回利用の車両は座席独立型なのでゆった

りと座れることができたおかげで快適とまではいかずともそれなりに睡眠がとれ、気が

ついたら降車する岩手県・花巻でした。

え、釜石じゃないの、と突っ込んでください。ネット入力を誤って釜石の手前約100Km

の花巻駅で降りる羽目になってしまったのです。

訂正も可能でしたがJRのダイヤを調べると以前から乗りたい願望を強く抱いていた<釜

石線>がうまい具合に走っているではないですか。

ということでラグビーウォッチャー兼『乗り鉄』を自負するワタシとしては願ってもない

間違い犯したことを逆手にとって花巻駅発6:45釜石駅行きに乗り込みました。

車両の最後部の手前ボックスシートの一席をキープして車窓景観に見入って悦に浸りまし

たね。


ADC6853D-B00D-4E36-BD49-A91EFD6DF9C8.jpeg


≪足ヶ瀬≫駅・・エスペラント語≪モントハセーヨ(峠)≫駅


釜石線は別名<銀河ドリームライン釜石線>とも呼ばれ宮沢賢治の出身地つながり

で<銀河鉄道>が愛称として親しまれているのです。

そして駅名看板には正式駅名のほかにご覧の通りエスペラント語による別名称が

各駅とも付されているのです。これは宮沢賢治がエスペラント語をこよなく愛した

ことによるものです。

こんなにもローカルな奥地なのにおしゃれ感が満載だなあとついつい感心しました。

駅名看板のデザインもとてもロマンチック。


6DE5F146-87E4-4DF6-B4A1-03668396C4C5.jpeg


ここは≪陸中大橋駅≫から手前の<土倉トンネル>を眺めた景観です。

この≪上有住≫ー≪陸中大橋≫間は駅間距離が8.3kmと釜石線内で最長不倒距離を

誇る区間ですが期待した景観はほとんどがトンネルだったため拍子抜けでした。

wikiによると元々陸側の<釜石西線>と海側の<釜石東線>の2系統が運行してい

たものを昭和25年に難関エリアを克服して開通させ念願の<釜石線>に一本化した

そうです。

駅間距離の長い箇所には何かしらエピソードが存在するものなのですよね。

なのでワタシは駅間距離の長い箇所に乗車してひたすら車窓景観を眺めることを

こよなく愛しているのです。


868E9DD2-A0A4-4912-AAC8-576627DE7FDA.jpeg


約2時間にわたる<釜石線>での旅を満喫した後こんどは釜石駅から三陸鉄道で

スタジアム下車駅である≪鵜住居(うのすまい)駅≫を目指します。

この区間の運賃は本来310円なのですが10円の集金が煩雑と判断したのか『釜石

ラグビー乗車券』と銘打ってラグビー試合の3日間のみ10円サービスの300円

で乗車できました、いわば記念切符です(降車駅で回収されてしまいましたがw)


E371217A-C427-451E-9EC5-FDFBA9ECD1F2.jpeg


線路&枕木フェチ、単線にはじっくり眺めているとものの「わび・さび」に

浸れるところがたまらず好きなんです。


7018ACFD-FB89-45EB-AB68-29679042D6D9.jpeg


トンネルに続くトンネル、北に向かって走っていますが進行右手を少し行けば

海岸沿いなのですよ、リアス式海岸の真骨頂。



3B47155E-06EF-43A8-BB3D-7A6E5F7A0136.jpeg


≪釜石駅≫と≪鵜住居駅≫にはさまれた≪両石駅≫、快速なので通過します。

まったくの無人駅。


6CB0C2D6-F6BB-487A-9076-96D30433A4FD.jpeg


下車駅の≪鵜住居駅≫が見えてきました。

レールはさびさび、枕木は木材、でも現役です。ローカル線の風情満載。


E2CC4BD1-8097-4F07-BCFE-413CCE2D0E54.jpeg


スタジアム下車駅、8年半前には壊滅的な被害を受けた地。

<フライキプロジェクト>の大漁旗がなびいています。

79C2F3BA-A8ED-4608-B0F8-878850A729E8.jpeg


鵜住居駅土産物店で食した海鮮丼。これはお世辞抜きでブリ旨でした。

場所柄地産地消なので新鮮で安い。これ¥800ですよ。

 

-------------------------------


以上にて3ヶ月半にわたりラグビーを取り上げて参りましたが、次回より

通常モードに戻して発信しようと思っております(いつになるかは確約

できませんがw)


最後の最後に「一生に一度だ」のキャッチフレーズで話題を振りまいた

ラグビーワールドカップ日本開催にこぎ着けたいきさつについて、よくご存

じでない方のために是非解説しておきたいと思います。


最初に日本開催を主張したのはイラクでの銃弾で殉職した奥克彦大使で、今

から20年近くも前のことです。

外務省で英国駐在の実績を有しかつオックスフォード大の試合にも出場した

経験を持っていた奥大使は早稲田大学ラグビー部OBでもありました(中途

退部されていますが)

同じ早大ラグビー部OBですがやはり中途退部されていた森喜朗元総理大臣と

日本開催について夢を語り合ったとされています。

当時と言えばその数年前に日本代表はオールブラックスに17-145という

屈辱的な敗戦を喫したことが物語っている通り開催国として立候補できるよう

な環境を備えているとは全く以て言えませんでした。

しかしそんなことはお構えなしにワールドカップがラグビー伝統国だけで開催

地を順番に巡らせている現状に風穴をあけようと東奔西走する中、2003年

11月29日悲劇が襲ったのでした。

その後奥大使の遺志を森元総理などが受け継いで精力的に誘致活動を行った結

果2009年に日本開催が決定したのです。

しかしこの(2007年の第6回まで開催)時点でも日本は過去のワールドカッ

プで1勝しかあげておらず、決勝トーナメントはおろかまずは勝利することが

先決のような実力のさ中での決定でしたし、しかも国内のラグビー人気は長期

凋落傾向にあったためラグビーウォッチャーの立場からしたら嬉しさよりも不安

や心配の方が何倍も大きかったですね。

それでもある程度期待された2011年では結局1勝もできなかったものの、

大きな転機はやはり4年前の南ア戦勝利でした。

その後国内ではスーパーラグビーへの参戦がやはり実力を大きく伸ばす要因に

なったと言えるでしょう。

こんなドラマチックな変遷を経て最高の結果をもたらしたラグビーワールドカップ

日本開催でしたが「一生に一度だ」のキャッチフレーズが良い意味で間違っていた

ということとなる日が早く訪れることを願ってやみません。







nice!(35)  コメント(12) 
共通テーマ:スポーツ

【ラグビーワールドカップ】初の黒人キャプテン率いるスプリングボクスが優勝に輝く [スポーツ(ラグビー)]

11月2日(土)18:00- 決勝戦 於)横浜スタジアム  


南アフリカ32VSイングランド12


日本もといアジアで初開催となったラグビーワールドカップが終了しました。

エリス杯の栄冠を勝ち取ったチームはワタシを含めて大方の予想に反してスプリング

ボクスの愛称で親しまれている南アフリカでした。

「勝負は水物」と言われますが、ラグビーでは番狂わせが他のスポーツに比して少ない

とされています。

しかし今大会ではノックアウトトーナメントで番狂わせ(と表現したら勝利チームに

対して無礼ですが)が特に準決勝以降で続発しました。

まず準決勝第一試合ニュージーランド(NZ)VSイングランド。

NZは準々決勝で直近まで世界ランク1位だったアイルランドに対して完璧な試合運び

で勝ち上がってきたので大会3連覇に死角なしの呼び声が一層高くなったのです。

ところがそのNZが名将エディHC率いるイングランドに完膚なきまでに打ちのめされ
たのです。
イングランドは立ち上がり1分強で電光石火のごとくトライを奪い結局はそれを守り切っ
たのですが、それは何と言っても火の玉タックルの嵐をNZに浴びせ続け最後までNZ
らしさを封じ込めてしまったからにほかなりません。
無敵と言われたNZがあのような形で敗退するとは・・・・・
NZ国民の悲しみは大きくいち早く結果を知らせる地元新聞の一面は真っ黒に塗られた
ものでした。

そして迎えた決勝戦では準決でRWC20連勝中のNZを破ったイングランドですから、

このラグビー発祥の国がもう一方の準決を3点差という僅差で勝ち抜いた南アに勝利して

通算2度目のエリス杯を手に入れるだろうというのが大方の予想でした。

しかしふたをあけてみれば立ち上がりから南アの猛攻、特にイングランドに不運だった

のはスクラムの核をなす右プロップの選手が開始3分で味方の選手との接触で脳震盪を

起こし退場。

交替で出場した選手は心と体の準備が不十分だったのかその後のスクラムでことごとく

押された上に反則を犯したためチームとして調子を崩していったのでした。

それでも前半30分過ぎにイングランドが敵ゴール前で縦へ横への猛攻撃を仕掛けたので

すが約4分間に渡り猛攻を上回る南アの猛守備がゴールを割ることを阻止したのでした。

鬼気迫る攻防の結果イングランドがトライを奪えなかった状況を見届けていてこの試合は

南アに軍配が上がるだろうと直感が働いたものです。

案の定後半は両ウイングの華麗なトライにより前半の緊迫した試合展開からは思いも寄ら

ぬ大差で南アの勝利となりました。

特にワタシがこの大会でぞっこんとなってしまったコルビ選手の個人技を活かしたトライ

は美しかった。

南アとしては通算3回目のエリス杯を手にしたわけですが、それよりも重大なことは永年

アパルトヘイト政策を行ってきたこの国で初の黒人であるシヤ・コリシ選手がキャプテン

を務めたチームが頂点に立ったという結果です。

南アはワールドカップ第1回と2回には参加が叶っておりません、なぜなら当時(1994

年まで)は人種隔離政策を行っていたからです。

かの有名なネルソン・マンデラが大統領となり融和政策がなされたことにより1995年

の第3回ワールドカップが南アで開催されることとなりそこで初出場初優勝という劇的な

結果を迎えることとなったのでした。

ちなみにこのとき15人の優勝メンバーのうち唯一人黒人選手が在籍し活躍したのですが

その選手チェスターウイリアムズは図らずも本大会が始まる直前の9月6日に49歳の若さ

で急逝してしまったのでした。

彼が存命でしたらどんなにこの結果を喜ばれたことかと悔やまれます。


ということで月並みな表現ですが決勝戦に相応しいとても中身の濃い見ごたえのある試合

で約1か月半にわたり繰り広げられた大会は閉幕となったのです。


ああ~~ワールドカップロスとなり放心状態です・・・


30240BAB-B992-4184-8203-6097547C3376.jpeg


最後に、ラグビー界のレジェンド・リッチーマコウがエリス杯をワールドカップスポン

サー企業であるローバー社の名車レンジローバーに乗って表彰台に届けてゆくショット

で2019年ラグビーワールドカップINジャパンを締め括らせていただきます。

(ちなみに車を運転しているのあジャパンのキャプテンリーチマイケルでした!(^^)!)







nice!(35)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

【ラグビーワールドカップ】桜散る、快進撃に終止符 [スポーツ(ラグビー)]

10月20日(日)ラグビーワールドカップ準々決勝 於)東京スタジアム


日本3vs南アフリカ26


ここまで快進撃を続けてきたジャパンですが遂に刀折れ矢尽きました。

南アはやはり南アであり向かうステージの違いを特にこの試合後半20分

以降いやというほど見せつけられました。

予選プール最終のスコットランド戦後半20分以降のときもわがジャパンは

防戦一方となりながらもワンチームのディフェンスで持ちこたえましたが世界

ナンバーワンクラスのモンスターパワー軍団の破壊力に今回は残念ながらはね

返す力がこれっぽちも残っていなかった。


日本を仕留めた南アには次のウェールズ戦にも勝利して決勝で孤高の全黒軍団

と対決し是非とも3連覇を阻止してもらいたい。


 さてこの試合、ナマで観戦することができたので僭越ながらへなちょこ写真を

添えてちょっとだけ現地レポを・・


0E294096-C59E-4A07-BB0F-5354BF43C92B.jpeg


スタジアム入口でのひとだかり、みなさん手に持っているペーパーで南アの

国歌を練習しているところです。

元日本代表の廣瀬俊朗さん(ドラマ;ノーサイドゲーム準主役)が提案・

推奨している参加国の国家を歌おうプロジェクト<スクラムユニゾン>がこ

んなところで見られました!

(ちなみにこれが海外のマスコミで「日本ファンのおもてなし文化」として

 の感動的な対応という記事が拡散されているそうですね)


650F2C16-1213-4EBD-9AA5-4B3371B6EFD6.jpeg


今日10月20日はミスター・ラグビーこと平尾誠二氏の命日です。


あの人に護られているジャパン、きっと勝たせてくれることでしょう・・

(と試合前にはこの遺影を見てそう思った)



AD3E3F35-430C-4574-A519-87D5AA861F45.jpeg 


南アフリカ国旗カラー・デザインをまとった衣装や鉢巻き(?)

ワールドカップならではの華やかさです。


E7501B30-CB5A-4ECC-B113-64F90D883603.jpeg


さてスタジアム内では少年少女たちが和太鼓を豪快に叩きながらそれぞれの

国名を熱く連呼して「南アフリカ」と「日本」を応援してくれました。

和太鼓の鼓動は迫力とリズム感の融合が何とも言えず海外の目や耳にも

大好評。


4F694E42-878B-4B66-9902-4BDEA475E71B.jpeg


両チーム選手の入場、迫力の炎、入場者も4万8千人で超満員です。


24AC50D3-BBEE-47C1-9342-0FAE9285CBA2.jpeg


ノーサイド後のお辞儀、国内の試合では当たり前に行われていたこの行為、

海外では相手へのリスペクトの象徴たる日本文化として驚きを以って紹介

されブームを巻き起こしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて個人的にはこの後の準決勝2試合と決勝の計3試合をスタジアムで見届

ける予定でして「一生に一度だ」を悔いなく満喫したいと思っております。

が、ワールドラグビーがここまでの日本初開催での大成功に驚きと賞賛の

メッセージを日本ラグビーに送っておりそれを受けて現日本ラグビー協会長

の森重隆氏も「20年後くらいにまたやれれば・・」と発言されたようです。

20年後に開催ならワタシももう一度日本で見られるかも知れない、と指折

り数えて、ならば健康で過ごさねばと思い直すのでありました。



nice!(37)  コメント(12) 

【ラグビーワールドカップ】紙一重の状況下で開催された勇敢なる戦士たちの一戦 [スポーツ(ラグビー)]

10月12日(土)この日は日本列島を空前絶後の台風が襲い、東日本エリアに

甚大な被害をもたらしました。

折しもラグビーワールドカップ(以下RWCと表記)プール戦の日程が佳境を迎えて

いたため、同日に予定されていた2試合(ニュージーランドVSイタリア 豊田スタジ

アム、イングランドVSフランス 横浜スタジアム)の中止が余儀なくされてしまった

のです。

そしてその時点(12日)で最も心配されていたのが世紀の大一番となってしまった

13日(日)19:45横浜スタジアムでキックオフとなる日本VSスコットランド戦の

行方です。

なぜ世紀の大一番となったかは、言わずもがな日本が第2戦で大番狂わせを起こ

して優勝候補のアイルランドに勝利したためこの一戦の勝者が決勝トーナメント

へ進出することになったからです。

もしも中止の判断が下されれば大会ルールにより引き分け扱いとなりスコットラ

ンドは予選敗退が決定。

過去決勝トーナメントを逃したのは1度だけという伝統国としてはノーゲームで

ノックアウトトーナメントへの進出が阻まれるなぞ絶対にあってはならぬ、とい

うプライドの塊りとなった主張を行ったものです。

スコットランドラグビー協会はRWC運営委員会が中止を下した場合は提訴する

とまで訴えて騒ぎ立てたのです。(他国は冷ややかだったようですが・・)

また台風を身を持って経験したことのない欧州に住む人々は日本人が是が非でも

決勝トーナメントに進出したいからこそ安易に中止の決定を下す、と考えている

との発想を持ったようです。

そんな状況下、10月13日午前10時45分に予定通り開催することが発表され

ました。

そして結果はみなさんご存じのとおり


日本28VSスコットランド21

で勝利を収め悲願の決勝トーナメント進出を実力で手に入れたのです。

FB6DB575-58C6-4FD1-B523-CEA78E4F57C9.jpeg

自称筋金入りラグビーウォッチャーとしてはこの結果に仲間たちと大泣きしたのは

もちろんですが、何よりもラグビー人気が再燃しにわかでもいいのでとにかくラグ

ビーファンが急増したことにもとてもとても感激して喜んでおります。

テレビの視聴率もうなぎ登りで前試合のサモア戦の瞬間視聴率が46.3%で今年放映

されたスポーツ番組で最高だったとか・・

なので今回のスコットランド戦はおそらく50%超えは間違いないと踏みます

なんせ昼間放映のワイドショーでラグビーではけっこうマニアックな「ジャッカル」

という技術について解説しているくらいですからね。

ということで試合内容についてはテレビやマスコミで取り上げまくっているのでここ

では細かく触れず、試合開催に至ったエピソードにフォーカスしたいと思います。


まず試合前セレモニーでの風変わりな出来事と試合開催までの裏事情について英国の

<The Gardian>という大手新聞記者の記事について紹介します。


この試合においては過去に例を見ない「黙とう」から始まった。

それは台風が(開催決定の)つい数時間前に過ぎ去ったばかりで被害者の数がいまだ

確定していない(明け方に4名とされていたのが開催決定時9名へ、試合開始時は

24名、ハーフタイムに26名、試合終了後に28名と克明に記載)状況でなぜスポ

ーツをするのか、また見るのか、と。

最終的に決断を下した日本人の組織委員会はホスト国としてのプライドもあっただろ

うが「世界に向けて、自分たちはできると言うことを証明したい」という理由である

と主張した。

横浜スタジアムの被害が甚大にならなかったのは近くを流れる鶴見川に対する災害対

策設備が優れていたことや組織委員たちが前泊し徹夜で開催にこぎつけるため必死と

なって更衣室の水を吸い出したり政府や地方自治体と協力し水道局などと連絡を取る

などして最大限の努力を行った。


これは英国の新聞記事を日本人の方が独自に和訳してツイッターで流したものを抜粋

したものです。

後半の内容は割愛しましたが前述のスコットランドラグビー協会の主張をたしなめて

いるものや日本人(観客)の「おもてなし精神」に驚愕したことが触れられております。


私は今回の特別な環境下で開催された試合についてこの様な切り口で取材された記事

残念ながら日本の新聞ではお目にかかれておりません。


ラグビーのルールブック(=競技規則)は細かいルールの説明の前に「ラグビー憲章」

という項目が設けられていて、そこに<品位・情熱・結束・規律・尊重>が謳われて

います。

スポーツのゲームとしての決めごとの前に人としてのマナーというか心構えを問うて

いるのです。


上記英国記者の記事には日本人に対する<尊重=RISPECT>の匂いがプンプンと感じ

られとても心地よい思いに浸されました。

きっと自身もラグビープレーヤーだったのだろうな・・・と勝手に想像してしまう。


今回の日本チームは海外の記者から驚くほど好意的に取り上げられていまして、ペナル

ティにつながる反則の少なさ、ましては危険な行為の退場者(イエローまたはレッドカ

ード)が皆無である<規律=DISCIPLINE>やワンチームを標榜してきた<結束=SOLID

ARITY>に優れていることが絶賛されています。

なのに国内大手のA新聞は確か2戦目の勝利のときか「多国籍軍奮闘」なる見出しを

載せて怒る気すら失せて情けなくなりました・・


さて今週末からは日本にとって未知の世界、決勝トーナメントが始まります。

RWC開催前に彼らは口をそろえて目標はベスト8と言ってきましたが、志の高いわが

ブレイブブロッサムは当然ここで終わるはずがありません。

アイルランドを破ったときNHKの豊原アナウンサー(南ア戦でも実況中継を行った人物)

は「もう奇跡とは呼ばせません」との名文句を発しましたが、今週末南アを破ったと

しても世界は奇跡とは見ないほど認められるようになってきました。

楽しみな日々は続きます。




*日本メディアでのThe Gardian同様横浜スタジアム防災設備に触れた記事をリンク 10月16日9:00



nice!(28)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

【ラグビーワールドカップ】サモアに快勝し初の決勝トーナメント進出に前進 [スポーツ(ラグビー)]

6D8C7211-2181-480A-A3CB-61A3516BEA53.jpeg

<決勝トライを決めた松島幸太朗選手>

10月5日(土)19:30 愛知・豊田スタジアム


日本 38 VS サモア 19


やりました!日本国民の期待が大きく膨らむからこそ重くのしかかったプレッ

シャーの中での試合でしたが、過去4勝11敗のフィジカルモンスターを相手に

見事ダブルスコアでしかも劇的に4トライを達成、しっかりとボーナスポイント

も獲得したので決勝トーナメント進出のためにはこれ以上ない形でプール最終の

スコットランド戦を迎えることとなりました。


今回の試合展開でも初戦のロシア戦とは違い出足が好調でした。

ここで4年前のワールドカップでの対サモア戦の試合経過が思い起こされます。

あのときもはじめから好調で当時は実力が上とされていたサモアの方が日本のディ

シプリン(規律)をきっちりと遵守する試合運びにイライラして反則を繰り返し、

やがて自滅して行った・・

今回もそんな試合展開を期待しながら観戦していたのですが今日のサモアは違って

いて集中力が切れない・・どころか後半30分過ぎにトライを決め26-19と7点

差に詰め寄られてしまったのです。

このとき消極的な思考がフとアタマをよぎってきた。

残りの時間でさらに1トライを失いゴールも決められ同点で試合終了・・・

でもそれは全くの杞憂でした。

その3分後に日本は前試合に続いてまたも途中出場の福岡選手が突き放しのトライを

奪い31-19とする。

残り3分で12点差なのでセイフティリードと言えますが、ここまで来たらあと

1トライを獲ってボーナスポイントを獲得したいところです。

すると残り時間1分のとき敵陣45m地点でぺナルテイを獲得と願ってもない

チャンス到来、当然タッチキックを選択してラインアウトからモールを形成し

レメキ選手以外全員参加で押し込む・・

が、ゴール前1mでモールパイルアップとなりサモアボールのスクラムとなる。

(ここで時間は80分を経過しドラが鳴ったのでプレーが途切れたらノーサイド。)

ところがそのスクラムを焦った日本がアーリープッシュの反則を犯してしまいサモ

アのフリーキックとなる。

万事休すかと思いきや、(自らキックを蹴り出し試合を切った)アイルランドと

は違い意地を見せてサモアはタッチキックではなくスクラムを選択してきました。

1トライを獲り返し7点差となればボーナスポイントを奪えると判断したので

しょう。

のぞみをつないだ日本、相手ボールスクラムを低くて8人がまとまった美しい

姿勢で迫力を持って組んだところたまらずサモアがノットストレートの反則を

犯して今度は日本のフリーキックとなる。

このスクラムで怒涛のプッシュをかけるとゴール前まで後退したサモアはコラプ

シングを犯してジャパンがペナルティを獲得。

もちろんジャパンはここでもスクラムを選択し、そのスクラムで押し切れないと

見るや姫野選手が突っ込んでそこから出たボールを田中選手が判断よくブライン

ドサイドにポジショニングしていた切り札松島選手へつなぎ値千金のトライを

獲得したのでした。

因みにこのとき時計の針は85分を指していました。

いやあこのようにこのボーナスポイント獲得となるトライの展開も前試合の大金星

に勝るとも劣らぬほどドラマチックでした。


さて今回はリーチ・マイケル選手は先発でしたがゲームキャプテンは前回に続き

ピーター・ラブスカフ二(愛称ラピー)が担いました。

ラピー選手は今年のパシフィックネイションズマッチから日本代表初キャップを

獲得した新顔ですが南ア出身でキャリアは申し分なし、キャプテンシーに長けた

人格者なのでジェイミーHC の方針でリーチ選手の重荷を減らそうとしてゲーム

キャプテンをラピー選手に委ねたそうです。

そこでリーチ選手はひとつひとつのプレーにより集中することができ、パフォー

マンスもあがったのではないかと思います。


リーチ選手の次戦(スコットランド)にかける意気込みが新聞記事に載っていま

した。とても頼もしい一言です。「個人的にはスコットランドをボコってやる!」

4年前に本人が一番悔しい思いをしたのでしょう。

スコットランドは自チームが中3日で日本と戦わねばならないのに日本は中7日

もあるというスケジュールが不公平だ、と主張しているようです。

4年前は立場が全く逆でした。すなわち日本が世界一のヘビー級南アを倒して中

3日でスコットランドと戦わなければならなかったのに対してほぼ地元のスコット

ランドは初戦でした。

器が小さいと言われてしまいますが「アンタにそんなこと言われる筋合いはない」

と言ってやりたくなりますw


対サモア戦の勝利は日本が決勝トーナメントへ進出するために大変有利となりました

が、それでももつれているAグループはまだこの先どうなるか分かりません。

自力で進出するためには次戦で2ポイント以上を獲得する、つまり引き分け以上か

負けても7点差以内かつ4トライ以上ということです。

でももうここまできたらすっきりと分かりやすく1点差でもいいから勝利してもらい

たいものです。



nice!(29)  コメント(11) 
共通テーマ:スポーツ

【ラグビーワールドカップ】世界2位アイルランドに勝利の大金星~でももう奇跡とは呼ばせない [スポーツ(ラグビー)]

2F15B29F-39CB-4731-AFA9-E504C78AB67A.jpeg

9月28日(土)静岡・エコパスタジアム 16:15KO


日本 19 VS アイルランド 12


衝撃の結果でした。

相手は世界ランキング2位(つい先週までは同1位)のアイルランドです。

4年前に南アフリカを破ったとき相手のランキングは世界3位でしたのでそれを

上回るジャイアントキリングを達成したことになります。

今回のニュースも日本はもとより前回に続きまたも世界を震撼させました。

敵国アイルランドでは「勇ましい日本による驚くべき番狂わせ」と報じ、ラグビー

が最も盛んな南半球の国々ニュージーランドやオーストラリアでは、前回の南ア戦

を引き合いに出し「奇跡には続きがあった」と表現。

あるいは前回南アを下した時はイングランドのブライトンで行われたため「ブライ

トンの奇跡」と世界で呼ばれていることにかけて「静岡ショック」という新たな

呼び方を産み出しています。


私自身、アイルランドVSスコットランドの試合を観て、まったくスキのないアイル

ランドの戦いぶりを見せつけられたので今回の試合ではダブルスコア程度の敗戦に

なるだろう、と推測しておりました。

それでも4トライ(ボーナスポイント)未満に抑えることができたら上出来だろう、と

思っていたほどなので、今回仲間たちとワイドスクリーン画面で見入っておりました

が最後はもう涙が止まりませんでした。

日本代表チームにごめんなさいです。あなたたちの実力を信じることができず最後

までこんな結果になるとは思ってもみませんでした。


試合前にジェイミージョセフヘッドコーチが選手たちに5行の俳句を英語で詠み上げ

たそうです。「誰も勝つと思ってない、誰も接戦になると思ってない、誰も僕らが犠牲

にしてきたものは分からない、信じているのは僕たちだけ」

英語の俳句って5-7-5なのかどうなのかはさておき、素晴らしいマネジメントに感

心しました。

前ヘッドコーチのエディさんは「ジャパン・ウェイ」(日本(独自)の勝ち方)を標榜して

いましたが、その有名となったセンテンスの前に「サムライ・アイズ」「ニンジャ・ボ

ディ」が実は存在するのです。鉄腕アトムをこよなく愛した彼は当時のジャパンチーム

に鉄腕アトムをだぶらせて「日本(ラグビー)を救う」とチームを鼓舞してゆきました。

うまく日本の文化を多国籍からなる日本代表チームに落とし込んだと思います。

ジェイミーも同様にして日本の文化をうまく取り入れやはり日本をワンチームにまとめ

あげ日本代表の矜持を持って試合へ臨むよう託したのでしょう。

メンバー発表のとき選手へ日本刀を渡した、という話も耳にしました。


さて試合展開についてはすでにご存じのことでしょうから細かくは触れませんが、何よ

りも分岐点となったのは前半30分過ぎの負傷退場となったナキ選手との交替でリーチ

・マイケル選手が登場したことでしょう。

あとで振り返れば如実に確認できますがそれまでのボールポゼッション(支配率)で圧倒
的にアイルランドが上回っていたのがこの時をさかいに完全に逆転しました。
というのもリーチ選手の攻守にわたる献身的なプレーが、ポゼッションをも変えてしま
ったのではないかと思えるほどいつもにも増して鬼気迫るものを感じさせ、何か神がか
っていました。

なぜ、リーチが先発しないのかは、試合の途中でインパクトプレーヤー投入という一種

の戦略かと考えていたら、ジェイミーHCが初戦(ロシア戦)でパフォーマンスの低かった

リーチをあえて先発から外した、と新聞記事で知り驚きました。

出来が悪くともラグビーのゲームにおける主将というのは精神的支柱なのでその大黒柱

が先発しないリスクの方が大きいのではないかと素人的には考えてしまうからです。

でも上述の通りこの交替が大正解で、結果ここから先アイルランドは無得点であったの

に対し日本はこの時点でまだぺナルティゴール1本の3点でしたがここから反撃ののろ

しがあがり大逆転劇へと通じたのです。


そして何といっても圧巻は後半途中出場数分後に見せた福岡選手の逆転トライ。


6BC0F3AC-B880-428A-A883-FCF38F97FD87.jpeg


彼は今月初旬の南ア戦で負傷退場以降ワールドカップ初戦のロシア戦にも欠場、本アイ

ルランド戦も当初欠場の予定でしたが先発予定だったトゥポウ選手がケガで当日朝急きょ

欠場となったためリザーブにエントリーされ、さらに試合後半にケガのため退場した山中

選手との交替メンバーとして晴れて登場したのでした。

ラファエレ選手のクイックパスから完全ノーマークとなり典型的な日本のコネクト(つな

ぎ)プレーのフィニッシャーとして花を飾ってくれました。


さて次戦は10月5日(土)のサモア戦。世界ランク15位と統計的には日本より格下

ですがフィジカルや個々の運動能力に秀でており決して侮れない相手です。

しかし今の日本代表ならスキが見当たらないので多分順当な結果であることを予想しま

すが厳粛な気持ちで見守ってゆきたいです。

そして2週間後にはスコットランドとの最終戦。

願わくば予選プールを全勝通過しその勢いを持ってすれば五郎丸氏が常に訴える「優勝」

もまんざらではなくなってくるのではないかと思います。

いずれにせよこれからますます目が離せないワールドカップ、楽しみは続きます。






nice!(31)  コメント(6) 

【ラグビーワールドカップ】ブレイブブロッサム初戦勝利かつ勝ち点5を獲得! [スポーツ(ラグビー)]

いよいよ始まりました!ラグビーワールドカップ 開幕試合 日本VSロシア

9月20日19:45キックオフ 調布:東京スタジアム

結果  日本30対10ロシア


やりました!初戦勝利、しかも4トライを挙げてボーナスポイント1もゲット。

立ち上がりでミスが続発し先制トライを献上するという最悪のスタート。

その後もしばらくは各選手とも緊張が解けないのかノッコンなどの細かいミスを繰り

返しどうなることかと思いハラハラして観戦していましたが、前半もかなり過ぎた

あたりからようやく落ち着きを取り戻し前半終了間際での松島選手のトライで逆転。

それでも後半の中盤まではまだセイフティリードとは言えず息を止めての応援が

続きました。

後半24分、ロシアの反則により日本はペナルティの権利を獲得。

このときそれまでのトライ数は3、点差は20-10で日本が10点リード。

ワタシはボーナスポイント獲得のためにトライを獲りに行くべくタッチキック

を選択するか、と思いましたが手堅くショットで行きました。

やはりボーナスポイントを狙うよりも確実な点差をつけることを優先させたよう

です。

もちろんほぼ中央からのプレースキックなのでキッカーの田村選手が容易くきめて

くれました。

そしてその5分後にアンストラクチャーからの攻撃で途中出場松田選手のナイスラン

からフィニッシャーで本日絶好調松島選手へとつなぎボーナスポイントとなる今日

4つめのトライを積み重ねることが出来ました。

しかも松島選手にとってはこの試合3トライめとなりハットトリック達成です。


ということで終わり良ければ総て良しで5ポイントゲットでの勝利はとても幸先の

よいスタートとなりました。

これで次のアイルランド戦では失うものは何もないチャレンジャー精神でぶつかって

いけるものと期待されます。

願わくばエースの福岡選手とマフィ選手が万全の体調で復帰されることを祈ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてここからはスタジアムでの観戦記とさせて戴きますのでよろしければお付き合い

ください。

47664F81-37E7-4D05-A10C-7D564B8CD03F.jpeg


この日は東京駅14:45発のツアーバスで仲間たちと東京スタジアムへ

向かいました。

スタジアム近辺で渋滞に巻き込まれたけどそれでも会場にはキックオフ3時間

半前には到着。

けれどもご覧の通りジャパンのジャージをまとったサポーターたちですでに

ごった返しておりました。すごい盛り上がりようですよ。


6307763A-83CF-4DCF-BA82-0C028BE6BBEC.jpeg


ブルーインパルス飛行、これが見たかったのですが、あいにく厚い雲に

覆われていたので飛行機雲しか確認できませんでした涙


378F1E5E-D10D-489F-B838-46000FD861F4.jpeg


夜のとばりが下りたころスタジアムの灯りがともり、グランドには白い

じゅうたんが敷かれました。開会セレモニーのスタートです。

さてこの後どのような展開になるのだろう・・


18BF61F3-53BB-4617-8D5C-CE92B9A7BCC8.jpeg


和太鼓をBGMに赤と黒の衣装をまとった子どもたちが阿波踊りのような

日本の伝統芸能を象徴した乱舞を披露。

その後は写真に収めなかったのですが歌舞伎の舞いと続きました。


8073DC87-C55B-45A7-B809-9D34C4BFB78D.jpeg


日本と言えばやっぱりこれでしょ、Mt.Fuji


CDFCC16C-DC97-48C0-8BEF-F792F16C67FD.jpeg


開会式セミフィナーレ、Mt.Fujiを囲んで出場国サポーターが集まり

映像ではRWC第1回の1987年から前回2015年が映し出されて

おりました。


そしてこの後、ラグビー界のレジェンドにしてオールブラックスの前

キャプテン/リッチーマコウ氏がウエブエリスカップ返還のための登場に

会場のボルテージは最高潮に達しました。

11月2日にこのカップを手にするチームはいったいどこなのでしょう。

NZが史上初の3連覇を達成するか、それとも世界ランク1位のアイル

ランドか、はたまたシックスズネイションズ優勝のウエールズか・・・


これから約1か月半はラグビーウォッチャーにとっては夢のような日々が

続きます。

しかしそうではない今までラグビーにあまり関心がなかった方、または4

年前のワールドカップで南アに奇跡の勝利を収めた後の五郎丸ブームで一瞬

ラグビーファンになったもののその後遠ざかってしまった方もぜひぜひこの

機会に試合をじっくり観戦してほしいものです。



nice!(33)  コメント(13) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -