SSブログ

ユーミンからJUJUへ受け継がれる♫ ままならない恋♫ [音楽]

4631FBF8-5079-4AA4-BA1F-66A77289AB7D.jpeg

今朝の某三大紙朝刊エンタメ欄に「そしてユーミンへの手紙」と題してユーミンの曲に

絞ったカバーアルバムをJUJUが発売することが取り上げられていたのを大変興味深く

読ませてもらった。

いっぽう数日前のこと、たまたまNHKの人気音楽番組〔SONGS〕を観ていたらユーミン

夫妻とJUJUがコラボで出演されてこのカバーアルバムを紹介していたのでこちらも釘づ

けとなって見入ってしまった。

この二つの情報に立て続けに出会ったことは、筆が鈍っていた拙ブログに対してこのこと

を取り上げるべし、との神の思しなのだと強く感じたのである。

そこであまたのユーミンマニアやJUJUファンを差し置いてユーミンの80年代前半作まで

の曲への造詣の深さにそれなりの自負は持つものの本人コンサートには一度も足を運んだ

ことのない程度の月並みなユーミンファンのおやじが大変僭越ではあるが3月16日に発売

のJUJU「ユーミンをめぐる物語」についてつづらせていただくこととする。


1.A HAPPY NEW YEAR

2.守ってあげたい

3.ダイデライオン~遅咲きのたんぽぽ

4.卒業写真

5.真珠のピアス

6.影になって

7.街角のペシミスト

8.鍵穴

9.TYPHOON

10. リフレインが叫んでる

11. DESTINY

12. 雨の街を

13. ひこうき雲


これらが「ユーミンをめぐる物語」に収録されている曲目一覧で<8.鍵穴>が本アルバム

でのオリジナル曲である以外すべてユーミンのカバーである。

そしてこの選曲は私にとってほぼドストライクなのだ。

朝刊記事や〔SONGS〕の内容から察するにこれらの曲はJUJU自らが愛するものをそろ

えたのだろう。

私はJUJUについてはあまり詳細を知りえていない。

しかしJUJUはユーミンを敬愛する多くのミュージシャンの中でもかなり重症なユーミン

崇拝者のようである。

番組中JUJUはユーミンのことを『御大(おんたい)』と呼称していたことからその崇拝度

合いが窺える。

朝刊の記事ではJUJUの作品の根幹には「ままならない恋」が存在すると解説している。

確かに選曲された12曲にはいずれも「ままならない恋」が通底しているように思える。

ユーミンの作品にはモテ男といじらしい女性のコントラストを表現した詞に秀逸なもの

が多いと感じるのだがその代表とも言える2作品が〔SONGS〕でかかっていたのである。


<真珠のピアス>

  ♫Broken Heart 最後の夜明け 彼のベッドの下に 片方捨てた 真珠のピアス~~

    もうすぐかわいいあの人と 引っ越しするとき気づくでしょう・・・♫ 


<DESTINY>

 ♫~~冷たくされて いつかはみかえすつもりだった それからどこへ行くにも

   着飾っていたのに どうしてなの 今日にかぎって 安いサンダルをはいていた

   今日わかった 空しいこと 結ばれぬ悲しいDESTINY♫


私は個人的にこの2曲と「ユーミンをめぐる物語」には収録されていないが、アルバム

<流線形'80>に収められている<埠頭を渡る風>をユーミンの失恋三大作品と勝手に定

めてユーミンの数ある曲の中でもとりわけ好んで聴いている。

なので<埠頭を渡る風>が「ユーミンをめぐる物語」に含まれていないのは残念であ

るが三大作品中二作品が収録されていてかつ〔SONGS〕でもチョイスされていたこ

とに自画自賛したのは言うまでもない笑(そしてブログでも自慢している失笑)

JUJUは子どものころ親に内緒で夜更かしして聴いていた深夜放送で「ユーミン20作目

のアルバム発売前に過去のアルバムを流す」という企画で色々な曲と出会ったとされて

いる。

調べてみるとJUJUは1976年生まれ、またユーミン20作目のアルバムはwikiによれば

1988年11月発売の<Delight Slight Light KISS>となっている。

ベストアルバムをカウントに含めたら1986年11月発売の<ALARM ā  la mode>が

20作目にあたる。

いっぽう「ユーミンをめぐる物語」の12曲(<8.鍵穴>はオリジナル曲である)がユ

ーミンのどのアルバムに属しているのかを探ってみた。

   ・ひこうき雲                      73年11月発売  2曲

   ・COBALT HOUR               75年6月発売    1曲

   ・悲しいほどお天気             79年12月発売  2曲

   ・昨晩お会いしましょう        81年11月発売  3曲

   ・PEARL PIERCE                82年6月発売    1曲

   ・VOYAGER                       83年12月発売  2曲

   ・Delight Slight Light KISS 88年11月発売  1曲

これで明らかに傾向がつかめた。年代からしてJUJUが深夜放送の企画で流したと思わ

れる曲に偏って収録されていることとなるのだ。

ユーミンのアルバムは1988年以降も20作品近く発売されているにも拘わらずである。

ちなみに私は1984年12月発売<NOSIDE>を最後に以降のアルバムは興味が薄れて

行った。今振り返るとそれがなぜかはよくわからないが社会人として2~3年目で日々

の多忙さに埋没して流行を追う時間と気力が忙殺されたのかもしれない。

しかしながらその当時でも過去のユーミンソングは聞きまくっていたのでいまだに

<NOSIDE>までのほぼ全曲を記憶にとどめかつ好んで聴くのである。

だからこそこのアルバムの選曲が私のドストライクであるのだ。

妄言を吐くならDelight・・・に収められている<リフレインが叫んでいる>と<埠頭を

渡る風>を交換してほしかった・・・


なお当然のことながらCD「ユーミンをめぐる物語」をポチしたのであった。

3月16日が待ち遠しい。





 

nice!(40)  コメント(18) 
共通テーマ:音楽

nice! 40

コメント 18

青山実花

ユーミン、私も永遠の憧れです。
JUJUさんがこのようなアルバムを発売されるとは
知りませんでした。
聞いてみたいです^^

by 青山実花 (2022-03-06 08:34) 

きよたん

初期の頃のユーミンの歌を聞くと
私は昔住んでいたアパートなど中野時代を思い出します
ひこうき雲 好きでした。
by きよたん (2022-03-06 09:31) 

song4u

こんばんは。
ユーミンを語らせたら、ぼくたちの世代の人間はひと晩ぐらい
平気で語ってしまうのではないでしょうか?
それぐらい、みんな一家言あるような気がするなあ。
因みにユーミンは54年1月生まれ。ぼくは同年3月生まれで、
ドンピシャ同じ時間を過ごしてる、というのも誇りです(笑)

ぼくのユーミンとの出会いは、「HIKO-KI GUMO」。
そうです、昔のソナチネアルバムの表紙を模したような、
あのジャケットデザインのLPですね。
当時付き合っていた彼女に貸してもらったものでした。
だけど当時は何と言うか、あまりピンと来なかったですねえ。
実質的には、自分で買った2ndLPの「MISSLIM」。
そこからユーミンにハマったと言っても過言ではないと思います。
最後に買ったLPは「SURF&SNOW」だったかなあ。
その辺りで買うのはやめてしまったように思います。
ああ、懐かしいなあ。
最高のアルバムは「流線形'80」だとぼくは今でも思っています。
by song4u (2022-03-06 22:50) 

lequiche

SONGSは観ました。
JUJUがそんなにユーミン・フリークだとは!
とちょっと驚きましたし微笑ましかったです。
私はアルバムをいつも買っているわけではありませんが、
2020年作の《深海の街》は力が入っていて良かったと思います。
by lequiche (2022-03-07 04:05) 

NO14Ruggerman

青山実花さんnice!&コメありがとうございます。
カバー曲にはオリジナルを土台としつつもまったく新たなものとして作り上げる場合とオリジナルを尊重しそのイメージを壊さず自分の色を出すケースがあると思うのですが本作はまさに後者です。曲によってはオリジナルかと見紛うほどです。
ぜひお聴きになってみてください。
by NO14Ruggerman (2022-03-07 09:30) 

NO14Ruggerman

きよたんさんnice!&コメありがとうございます。
音楽には不思議とその時代に過ごした情景とか匂いまでパッケージとなって長期保存されていると感じます。
色々な曲にさまざまな想い出が仕舞い込まれているのは歳を重ねてきた者の特権でしょう。
これからも過去に楽しんできたあらゆる音楽を振り返ることを大切にしたいと思います。
by NO14Ruggerman (2022-03-07 10:14) 

NO14Ruggerman

song4uさんnice!&コメありがとうございます。
兄い、期待通りのレス、感謝申し上げます。
1950年代、60年代生まれの同胞は一家言も二家言も持っている
と思います。
ビギナーファンはまず美しい、かわいらしい、悲しげなメロディの
虜になります。
が聴きこむにつれてそのうち芸術的な歌詞の世界に引き込まれて
行き、もうそうなると一晩でも二晩でも語り尽したくなりますね。
ソングさんの一押しは<流線形'80>ですか!私もこの前後の
作品が最も好きで私の一押しは<時のないホテル>です。
どの作品も詞がユーミンワールド炸裂ですべて頭の中で映像が
浮かんできます。
<雨に消えたジョガー>や<コンパートメント>・・涙が
こぼれてしまうんです。
by NO14Ruggerman (2022-03-07 13:16) 

NO14Ruggerman

lequicheさんnice!&コメありがとうございます。
<深海の街>ですか。
最近のモノは前々耳に入っていないものでして、今度
聴いてみますね。
by NO14Ruggerman (2022-03-07 13:19) 

Rchoose19

中学生の頃、ギター弾いてユーミン歌ってたのを
懐かしく思い出しました♪
JUJU さんは、『世界は欲しいものであふれてる』って
番組で観ていました。
弟みたいに可愛がってた(ようにみえた)
共演者の男の子が自殺してしまい
他人事ながらとても心配しちゃいました。。。。
あっ、関係ない話になってしまいすみません!!
『荒井派』と『松任谷派』がいたような気がします^^;

by Rchoose19 (2022-03-09 07:56) 

英ちゃん

JUJUさんのユーミンカバーいいね。
私も買おうかな?
しかし、JUJUさんは人柄もいいよね。
以前何かのテレビ番組で、カラオケスナックか何かで他のお客さんのリクエストに応えていろいろ気軽に歌ってたのが印象的でした。
私も一緒に飲んでみたい?無理だけど(^_^;)
by 英ちゃん (2022-03-09 08:43) 

sakamono

全然音楽に詳しくない私でも、知っている曲が何曲もある。
ヒット曲ってそういうものですよね。
そうそう、社会人になると日々忙しくて、それまでの趣味に
時間が割けなくなってくる。分かります。
年をとって、落ち着いてきたら、また復活したり^^;。
by sakamono (2022-03-11 09:19) 

NO14Ruggerman

Rchoose19さんnice!&コメありがとうございます。
おっ、中学生で既にギターでユーミンを語っていたとは荒井由実派ですね。
ワタシも世界はほしいモノにあふれてるを時々観てました。この番組でjuju の印象を少しタカピーに感じてたのですが今回で払拭されました。謙虚な芸術家という印象に塗り替えてくれましたね^_^
by NO14Ruggerman (2022-03-12 11:39) 

NO14Ruggerman

英ちゃんさんnice!&コメありがとうございます。
そんなテレビ番組があったのですね。
何を歌われたのか興味深いです。
by NO14Ruggerman (2022-03-12 11:42) 

NO14Ruggerman

sakamonoさんnice!&コメありがとうございます。
年を取って落ち着いていませんが若い頃浸った音楽鑑賞に再度つかったりスポーツ競技を同じ気持ちになって打ち込んでバカをやってますw
by NO14Ruggerman (2022-03-12 11:44) 

はなだ雲

まだ福岡の片田舎に住んでた学生のころ
「影になって」を聴いて
都会の情景にものすごい憧れました^^
ユーミンのカバーといえばハイファイセットがおもい浮かぶけど
JUJU版も聴いてみたいです♪
by はなだ雲 (2022-03-13 08:31) 

NO14Ruggerman

はなだ雲さんnice!&コメありがとうございます。
はなだ雲さんもsong4uさんの言葉を借りれば一家言お持ちの雰囲気を感じさせます。
ソングさんと3人でユーミン談義で一晩語り明かしてみたいものです。
by NO14Ruggerman (2022-03-13 19:45) 

おぉ!次郎

ご紹介ありがとうございます。
若年時にユーミンのコンサートに何度か行きました。
その頃を思い出しながら、読ませて頂きました。
by おぉ!次郎 (2022-04-14 17:36) 

NO14Ruggerman

おぉ!次郎さんnice!&コメありがとうございます。
それは羨ましいですね、ワタシも遅ればせながら
一度訪れてみたいと考えております。
by NO14Ruggerman (2022-04-17 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。