So-net無料ブログ作成

日大アメフト部元監督・コーチに読んでもらいたい《闘争の倫理ー大西鐡之祐・著》 [本]

とても痛ましいニュースです。

日大アメフト部選手が関学大選手に引き起こしたレイト・ヒット。

けがをされた関学大の選手には心よりお見舞いを申し上げますが、反則を犯した

日大選手の単独記者会見は痛々しくて見るに堪えなかったです。


私はアメフトについてはあまり詳しくないので語る資格などありませんが、同じ

フットボールとしてラグビーウォッチャーの立場から声を大にして申し上げたい

のは陳腐と言われるかもしれませんが「(ラグビー)フットボールは紳士のスポーツ」

なのです。

今回の出来事によりラグビーを含めフットボールが獰猛で危険なスポーツと印象付け

られてしまうのではないかと大変危惧しています。

そこでぜひとも紹介したい書籍があります。

54DA2D7E-A0D6-4B30-A4AD-B87F28B64EF9.jpeg



闘争の倫理 ~スポーツの本源を問う:大西鐡之祐  鉄筆文庫


《・・スポーツのような闘争の場面で何かアンフェアな行動する前に「ちょっと待てよ」

  とブレーキをかけることのできるような人間にする、そういう教育が重要ではないか

  と考えるのである。私がスポーツにおける闘争を教育上一番重要視するのは、例えば

  ラグビーで今この敵の頭を蹴っていったならば勝てるというような場合、ちょっと待て

  それはきたないことだ、と二律背反の心の葛藤を自分でコントロールできること、これ

  がスポーツの最高の教育的価値ではないかと考えるからである。こうした闘争における

  心の葛藤をコントロールする訓練の積み重ねによって、こういうことを行ってはいけ

  ないとか、行ってもよいという、判断によらないで、パッとその時瞬間に正しく行為

  出来ることが重要ではないか、と考える。・・判断によらない判断以前の修練から

  くる正しい行動。判断する材料とか、判断することを教えることはできるが、判断した

  通りに行うということは、その場面、場面をあたえられた人間にしかできないのでは

  ないか。だから人間が人間を教育する場合に一番肝腎なことは、双方の間に絶対的な

  愛情と信頼があり、その時正しいと思うことを、死を賭しても断固として実行できる

  意志と習性をつくり上げることだと言うことができよう》(P39~40)


《いかに科学的合理的に戦法や技術を組織づけても、それを行うプレイヤー達は生きた

  人間であり、血が通っているのだということを忘れてはならないのです。最も重要な

  ことは彼達の人間関係であり、チームワークであるということです。と同時に人間その

  ものが持っている情緒的な事柄の解決をどうするかという問題があります。どうも人間

 というものはそういう合理的な行動だけでは解決のできないものをたくさん持っている。

  ましてや勝敗の場ではもっと重要なことがある。要するにそういう場で人間は非合理的

  情緒的な行動を持っているということを初めて知るわけです。・・・われわれの非合理

  的な行動のなかで、愛情の問題、危険とか生死とかについての問題、闘争に関する問題

  緊急事態の時の問題などはどうしてもコントロールしにくいものです。しかもそういう

  問題をわれわれは実際の社会のなかで合理的なものでは解決できない人間の本質の問題

  として絶えず抱えているのです。それをコントロールしていく方法をわれわれは一つず

  つゲームという経験を通じてスポーツから学ぶことが出来る。人間の持っている合理的

  な行動と非合理的な行動という、二つのものをコントロールしていく力を育てるものが

  スポーツのなかにある。》(P279~281)


《フェアが起る場合はですね、あるプレイ中に何らかの問題が起るわけですね。その時

  それに見合う行動は、一つは良い行動であり、一つは悪い行動だと思うのですよ。その

  時その人が考えることは。そういう時に、そういう悪い行動をしたら勝てるかも知れな

  いという行動と。いや、そんなことまでして勝つ必要はない、という自分の正しい判断

  と、それがここで葛藤する。そしてその時に愛情が湧くということは、その選択の根本

  的なものは愛情だということではないでしょうか。その選択のどっちを選ぶか、二律

  背反のどちらかを選ぶということは愛情だと。従ってフェアプレイの根本には愛情が

  ある。ということになりますね。》(P593~594)


以上すべて本書の一部を抜粋したものです。


著者の大西鐡之祐(1916-1995)はラグビー日本代表元監督、早稲田大学元教授の経歴を

有した人物ですが個人的には崇高な哲学者だと感じます。

氏が他のスポーツ指導者や学者との決定的な相違は生死がかかった戦争体験に裏打ちされ

ている点です。

太平洋戦争においてスマトラで捕虜となり九死に一生を得て帰還した体験から闘争の倫理

を育んで世界から戦争を排除する、というのが本書の主眼です。

因みに氏が監督として指揮をした試合における功績は枚挙にいとまがありませんが1968

年の対オールブラックスジュニア戦勝利(23-19)や1971年のイングランド戦の惜敗

(3-6、19-27)などの名勝負を繰り広げたことからマスコミでは「大西魔術」と評されま

した。

伝説のラグビードラマ「スクールウォーズ」で登場の<大北達之助>のモデルになった

人物といえばピンとくる方もいるのではないでしょうか・・


さて今回の日大元監督・コーチの行動や態度は痛烈な世間の批判を浴びてしまいました

が、是非本書を熟読されて心を入れ替え一から出直して戴きたいものです。

また反則を犯し退場処分となってしまった選手は会見で「もうアメフトは続けません」と

発言されておりましたが、やはり一度本書を読まれて「フェアプレイ」について自ら学ば

れ心機一転カムバックされることを期待します。



(5月30日 追記)こんなコラム記事も出されていますね。→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00010000-rugbyrp-spo



nice!(44)  コメント(18) 
共通テーマ:

【イベント】高田馬場日本酒めぐり [地域]

BCE523E6-AD1A-4577-9D43-8335151BF871.jpeg

<第2回 高田馬場日本酒めぐり>なるイベントが先日(4月28日)行われたので参加

してきました。


<高田馬場日本酒めぐり>は参加店舗において専用の盃で一杯¥300(おつまみは¥

500)で日本酒が飲めるというイベントです。


このイベントのお手本とも言える新宿ゴールデン街納涼感謝祭に昨秋初参加してみたら

とても楽しかったのでそのノリで地元を愛する仲間たち5人と参戦してみたのです。


ちなみに第1回は昨年9月9日に開催されたそうで参加店は5店舗だったとのこと。

今回は4月28日と29日の2日間で参加店舗も13店に増えました。


そもそもどうして高田馬場で日本酒めぐりなのかのいきさつに触れますと・・

高田馬場は赤穂四十七浪士として有名な堀部安兵衛が、決闘した相手を18人斬りした

場所として(歴史愛好家には)有名です。

そしてその堀部安兵衛は無類の酒好きとしても知られ決闘の日の朝も居酒屋で日本酒を

たしなんでいたというエピソードがあるほどです。

そんな日本酒好きの堀部安兵衛を象徴するべくこのようなイベントを立ち上げたという

ものだそうです。

BB0465AF-9819-4711-B6F7-E60788925692.jpeg


まずは駅前ビッグボックスイベント広場で受付。

事前に申し込んでおりましたので¥1,000を支払ってイベント専用のおちょこを

受け取ります。(当日申し込みは¥1,200)

81ECBB72-5BDE-4506-8619-C8DB0B1D7A70.jpeg


待ち合わせの12時にひとりのメンバーが遅れ気味だった合間にまず缶ビールで

景気づけです。

ところがこのときハプニングが・・・

空(カラ)のおちょこが突風で飛ばされ机の下に落ちてパリーンとなってしまいました。

すかさず受付に駆け込むと追加料金なしで交換してくれましたので一安心!(^^)!



E6AE15EC-FE75-4634-9BE0-1EB69EFFD2E0.jpeg


まずスタートは《居酒屋まき野》

事前調査によると昨秋提供されたメニューの<黒豚しゃぶしゃぶ>が大好評で

行列待ちだったとのことでしたので込む前を狙ったのですが既に行列でした。


3FF70FD5-21A3-40B8-928A-A881078866B4.jpeg


30分待ちで入店。

頼んだお酒は〈水芭蕉 ええとこどり〉

初めて聞く銘柄だったので選んでみました。

他のメンバーが〈十四代〉を頼んだので少し分けてもらい飲み比べまし

たが〈十四代〉はいわゆるフルーツのごときソフトな口当たりなのに対し

この〈ええとこどり〉はしっかりすっきりの日本酒然とした口当たり。

〈十四代〉は日本酒愛好家であればだれでもご存知なほどの人気商品ですが

この〈水芭蕉 ええとこどり〉は聞いたことがない銘柄で店主のこだわりを感じ

させる一品でした。


28A2389F-7539-46B3-8503-9BD25D712D5C.jpeg


じゃ~ん、大人気メニュー<黒豚しゃぶしゃぶ>の登場

これで¥500では確かに赤字覚悟の出血大サービスです。

行列となる所以が理解できました。

しゃぶしゃぶ肉の旨みもさることながらかつお出汁のつけ汁がまた

絶妙なんです。

今度は夜に訪れて最後は雑炊で締めたいなあと強く感じました。


8DE894EC-E7DA-43B3-9662-C2FE1909654F.jpeg


さてお次は〈CHICAFE Atelier Leaf〉・・《まき野》から30mくらいの

ところに位置する美人ママさんが切り盛りしているカフェバーチックなお店。

満席に近い状態なのに大人数で押し寄せたので立ち飲みで入店。

獺祭スパーリング、田酒、飛露喜など有名どころを用意していただいて

おりましたが、青森在住時によくお世話になった田酒を久しぶりに飲んで

みました。元祖フルーティです。


2A74E99F-9579-418A-97BC-59704472D5A5.jpeg


そのつぎに向かったお店は《和ダイニング 角家》

ここはうなぎ料理が自慢のお店です。

何のお酒を注文したか忘れてしまいましたが、壁に貼ってあった<うなぎの骨酒>

が妙に気になってしまいました。ただ日本酒めぐりのメニューには入っていない

ので今度夜に訪ねてチャレンジしてみたいですね。

そしてつまみには<くりから>(写真撮り漏れです)

うなぎの<くりから>は初体験でしたが取り立てておいしいというほどのものでも

なかったですかね・・


 

E99EFA21-2995-432C-BFFD-71C3A77000BE.jpeg


その次は〔カオス高田馬場〕の象徴と言われる<さかえ通り>に位置する

《繁》

窓には一升瓶がずらりと並んでいます。あっ、でもこれらは焼酎でした。


F2DA2283-AC09-45D6-A30B-0E26D695ED0E.jpeg


大将に勧められた〈惣邑〉〈上喜元〉〈大典白菊〉をそれぞれ注文し回し飲み。

いやあしかしこの辺になるとメモしていたわけでもないのでもう記憶があやふや。


FBEF2BE8-BAF9-4D3A-90FE-30EFAF5D5CC9.jpeg


今度のお店はさかえ通りから西早稲田エリアまで移動して《炭火焼鳥 鳥でん》

です。酔い覚ましと腹ごなしに心地よい距離。

しかもこのお店では蔵元さんがスタンバイしてくれています。


485C6982-41FB-415C-A7EA-E791D9C9029C.jpeg


〈生原酒  宗玄〉蔵元さん直々ついでいただきました。

あーでも味が思い出せないです~~


DC1BEBC8-4715-46B3-A8F7-E325FE386023.jpeg


お次は《和バル処 えんじ》


00856BE8-C2FB-45F2-8727-E333BB0F9F69.jpeg


<峰乃白梅>蔵元さんの解説です。


4A56F7AB-4676-408C-9E46-C752862E0515.jpeg


次のお店《東京MEAT酒場》でも蔵元さんがお出迎え。


0B9764B6-D030-4E57-B0D6-9E177F2D01B6.jpeg


寒冷仕込み、純米吟醸〈加賀蔦〉をついでもらいます。


28EEEC85-D65B-4909-B2D3-36D1DF33035F.jpeg


その次は早稲田通りを渡って向かいにある《16's Stairing Steps Case》

ベルギービールのお店にしてこのイベントに参戦してくれたもので

しかも人気の酒〈而今〉を戴きました。

でももう味はまったく記憶に残っておりません(あな悲し)


5D612D7C-C686-411A-8663-6B1447CB0CBA.jpeg


約1名は脱落してビールを飲み始めるし・・(笑)


イベント終了時刻の18時が近づいてまいりましたので最後の店舗として狙って

いた《へぎそば昆》に向かいます。当然しめにへぎそばを食べるためです。

ところが、残念ながらというより当然と言うべきなのでしょうがへぎそばは売り

切れとのこと・・

なので本日これにてお開きと致しました。


52923D80-479D-484C-8AFF-E17F61E9459D.jpeg


おまけ、おなじみ《清龍》で反省会。

日本酒は卒業してサワーにしましたね。

それにしても13店全店制覇とは行かなかったものの9店訪れて8店で飲食。

9杯飲みました。普段日本酒をやらないワタシとしては上出来ですね。

ゴールデン街みたいにスタンプラリーをやってくれたらもっと励みになる

のに、と感じました。次回は取り入れてくれるかな・・・




nice!(56)  コメント(34) 
共通テーマ:地域