So-net無料ブログ作成

【ラグビーワールドカップ】オールブラックス24年ぶり世界の頂点へ立つ [スポーツ(ラグビー)]

先ほどラグビーワールドカップ(以下WCと表記)決勝戦「NZ(オールブラックス)

VSフランス」を見終えてきたところです。いやあ凄すぎる試合展開でした。

近所でみつけたスポーツバー「GLAND SLAM」で臨時営業にて決勝戦の実況

生中継(Jスポーツ)を行うとの看板をチェックしたのでラグビーウォッチャー

3人を誘って観戦してきました。

 スポーツバー「GRANDSLAM」.jpg

130インチワイド画面から繰り出す映像は競技場で観戦しているかのような

錯覚を起こすほど迫力がありました。

さて試合前の予想としては実力NO1のオールブラックス(NZ)が圧倒的有利

とされており、フランスがどの程度応戦できるのかが興味の中心でした。

キックオフ前恒例のオールブラックスによる闘い前の儀式「ハカ」を全員が

踊って相手を威圧するかと思いきや、仏も負けじと全員がセンターラインまで

にじりよりオールブラックスを睨みつけ一触即発の雰囲気。

そして試合が始まると予想に反して仏が果敢に攻め込む。

オールブラックスにしてみれば下馬評のプレッシャー故動きが鈍かったの

かも知れません。

それでもオールブラックス自陣で得たペナルティをタッチキックで大きくゲイン、

その後のラインアウトを見事なサインプレーで1番がノーマークとなりあっさり

先制トライ。これでワンサイドかな、と思いきやこの後も仏の闘志は一向に

衰えず意外にも前半終了時点で8(NZ)対0(仏)

後半開始後は暫く一進一退の攻防が続きましたが、センターあたりのポイント

でNZが出したボールから安易なキックパスをしたところ仏がインターセプトして

ゴール前まで運ぶ。そのスクラムから出たボールを右に展開し、最後はFWの

選手か?NZタックルを振り切りノーマークとなってゴールポスト直下にトライ。

当然ゴールも決めて8(NZ)対7(仏)に・・

俄然面白くなり、手に汗握りながら観戦していましたが、その後約30分強

お互い無得点が続いたものの、やはりオールブラックスには観戦客の9割

以上が観客自らチーム名そのものである黒いジャージを身にまとって応援

している異様とも思えるスタジアムの雰囲気で仏選手を呑み込んでしまった

のか、とにかく地の利を生かして1点差で悲願の勝利を挙げたのでした。

世界一を決めるのにふさわしい殆どミスの無い模範的な試合内容に我々も

充分堪能しました。

オールブラックス優勝インタヴュー.jpg

(オールブラックス主将マコウのインタヴュー)

それにしてもこのスポーツバー「GLND SLAM」これだけの設備を備えていて

飲み物、食べ物の種類が豊富、価格もリーズナブルなので本日参加の4名は

すっかりお気に入りとなり、またここでラグビーウォッチングをしようと意気投合

のもと解散しました。

 

 ところで昨日はこの4人ともども「NRD会」に参加してきました。

NRD会とは「名古屋ラグビー大好き吞み会」の頭文字をとったものです。

年に2~3回不定期にただ集まって酒を飲むという大雑把でゆるゆるの

会合なのですが、今回は気合が入っていてホテルで開催、ネクタイ着用

とのこと。

というのもラグビー元日本代表現NPO法人代表林敏之氏を招いて講演

してもらうのでちょっとフォーマルにやってみたということです。

 ヒーローズ代表林敏之氏.jpg

(林氏の熱弁、その隣はやはり元日本代表WTBの国定氏)

今でも熱い林氏は今回のWCでの日本代表の戦績を辛辣に批判しており

ました。

一ラグビーウォッチャーの私としても全く同感でして、8年後にここ日本で

ラグビーのWCを行うというのに、今回のNZでのジャパンは2勝を目標と

していたにも拘わらず0勝1分3敗とあまりにも惨めな結果でした。

ジャパンのヘッドコーチは言わずも知れた元オールブラックスの名手

「ジョン・カーワン」で前回WCの戦績は短期間の就任であったにも拘わらず

今回と同様の戦績を収めたので手腕が買われたものでした。

今回はWC直前のパシフィックネーションンズカップで初優勝を遂げるなど堅調

に推移してきたので期待も高まっていました。

ただ今回WCを戦うに当たりカーワンは「2勝」を標榜しており、これは私でも

おかしいのではないか、と疑問を抱いたくらいです。

2勝というのは同グループ内対戦において世界ランキングで同等かそれ以下の

「カナダ」と「トンガ」へ勝利すればそれでいい、ということと解釈できます。

勿論選手たちには毛頭そんな積りはなく全部勝つ意気込みであったと思います。

事実初戦で今回準優勝したフランス戦は後半30分過ぎまでジャパンが追い上げて

4点差まで迫ったものでした。

スポーツで「たられば」は禁句ですが、それにしても惜しい状況でした。

その後パシフイックネーションズで勝利したトンガに敗れ、最終戦ではカナダに

何と終了直前まで8点差をつけてリードしていたのに、終わってみれば引き分け

と、ダイマル(林)さんが怒るのも無理のないことです。

更に悔しかったのは日本と実力伯仲のトンガがフランスに勝利したことです。

またも「たられば」ですが、今回日本がトンガ並みの成績を収めていれば8年後

の日本開催WCに弾みがついたこと間違いなしなのです。

これではサッカーの人気と実力に水をあけられるばかり・・

こうなったらなでしこジャパンのようにラグビーでも「女子」に活路を見出す

しかないか・・

(事実2016年オリンピック種目で7人制ラグビーが女子でも採用されるため

強化を急いでいるところです。NRD会にも地元女子ラグビーチームのメンバー

が何名か参加されていました)

 


nice!(40)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 40

コメント 9

kawasemi

nice&コメントありがとうございます。
体調の回復には少し時間が必要でしょうが、寒くなりすぎないうちに少しずつ大掃除をし始めようかと思っております。

NRD、知りませんでしたね。
色々な会があるもんですね。
良いことですよ。何でも楽しみ、夢中になるということは。

by kawasemi (2011-10-24 11:54) 

song4u

ラガーさんは読んで字の如くだから、生粋のラグビーファンで
いらっしゃるんでしょうね。
ぼくもラグビーは好きです。
遥か前方のゴールを目指しつつも、パスは後ろにしか出せない。
パスしたいのなら、まずは自分が一歩二歩と前に出てからでなければ、
大切なボールを仲間に託すことが出来ない。
いかにも英国風、精神の世界に感じます。
願わくば、何でもありのアメフトナイズされないで欲しいです。
by song4u (2011-10-24 22:10) 

sonic

ラグビーはよくルールがわからないのですが、見ていて気持ちがいいです。
見どころやルールのわかる方とラグビーを観戦できたら、もっと楽しいでしょうね。
by sonic (2011-10-25 08:40) 

NO14Ruggerman

Kawasemiさんnice!&コメありがとうございました。
ローマ字3文字だと今風ですが、語源をひも解くと
ラガーマン的ベタでヤボなタイトルとなります。
でもそこが会の内容とマッチしていてとても「いい」のです。
by NO14Ruggerman (2011-10-26 00:49) 

NO14Ruggerman

song4uさんnice!&コメありがとうございました。
ラグビーは前にパスしちゃだめ、ボールを前に落としちゃ
だめ・・なのに前進して相手陣地に入らないと
得点にならない・・だからマゾのスポーツとも云われます。
サッカーJリーグがスタートする前の10年間は野球に次ぐ
人気を誇っていたのですがねぇ(';')
by NO14Ruggerman (2011-10-26 00:58) 

NO14Ruggerman

sonicさんnice!&コメありがとうございます。
ラグビー場では連れの女子に試合展開を得意気に
解説する男子をよく目にします。
そういう男子を見つけて観戦されたら多分100倍
面白くなるはずですよ。
by NO14Ruggerman (2011-10-26 01:01) 

wing_14

フランス戦の途中までは良かったのですが、それ以外は・・・という感じでしたよね。
ラグビーを知らない人たちには、またも日本代表は「1勝もできず」という結果だけが残ってしまったのも残念です。
とりあえず気持ちを切り替えて、今日はトップリーグの開幕戦を見に行ってきます ^^
by wing_14 (2011-10-29 10:23) 

NO14Ruggerman

wing14さんnice!&コメありがとうございました。
ブログ拝見しました。
神戸製鋼が勝利したのですね。
神戸製鋼といえば山中選手(ドーピング失格)
気の毒ですよね。
by NO14Ruggerman (2011-10-31 00:36) 

kawasemi

niceありがとうございました。
ブログと格闘で、かなりの時間がかかっています。
その分、運動不足になりそう。


by kawasemi (2011-11-03 11:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0